丸堂大正三色 メス2才 53cm
価格 応談いたします
 その日僕らは贅沢な悩みを抱えていた。前日別の池で揚がった、最高の鯉を仕入れることができた僕らには、かなり贅沢な悩みだ。くじ引きだろうがなんだろうが良い鯉は良い鯉。値段もしっかり良い具合に、した。
 そして今日前日と同じように十数人が集まりくじ引きをした。結果社長の手には1番くじが握られている。
1番良い鯉を買えば良いだけの事だがこちらにも予算というものがある。ウチのお客様のニーズに合わなければ仕入れても意味が無いのだ。
社長は紅質と体が素直な子を選んだ。僕は質と体型はやや落ちるかもしれないがガラの良い子を選んだ。それでもすべてにおいて標準以上の鯉だ。
2日続けての幸運に胸が一杯になりながらもすばやく決断しなければならない。
他の業者は早く早くとプレッシャーをかけてくる。
社長は何のためらいも無く自分の選んだ鯉を掬った。
確かに良い鯉だ。何よりキワの鋭さが素晴しい。
墨は小墨で最近流行りのガラではないがしっかりした墨を白地に持っている。紅質は一目で良いと解った。体系も素直で太すぎず体の前半部が長めだ。でかくなる。間違いない。この鯉は当りだ。派手さは無いが確実に良くなりそうだ。見ているうちにだんだんとこの鯉が好きになっていった。
もう少し小奇麗な方が早く商売になるかもしれない、しかしこの鯉の良さを必死になって皆さんに紹介することも素晴しい仕事のように思えた。
僕が選んだ鯉もすぐに他の業者が選ばれた。うん良い柄だ。しかし僕の目にはもうこの三色しか目に入らなくなっていた。
問題は価格だ。先日の紅白がなかなかの価格だったので今回も相当の覚悟をして交渉する。おや、思ったよりお安い。いやそれでも高いことは高いが、鯉の価値から言えば妥当な価格と思えた。即決購入。
数日後当店まで送ってもらった。この時に頂いた丸堂さんの言葉でこの鯉に自信を持った。彼曰く
「すっげぇいい鯉だったぁ、値段のつけ方間違えたぁ」

毎度ありがとうございます。

というわけで、かなりの大正三色だと思います。
現在は(11月1日)当店にいますが11月中に新潟にて預かっていただく予定です。ご覧になりたい方はお早めに。